大阪大学 全学教育推進機構・
大学院医学系研究科・
大学院生命機能研究科
スポーツ脳情報科学研究室

トピックス

高見采加さんが昨年末にバトントワリングの選手権大会に出場し、京都新聞(2021/01/09)に取り上げられました。

モノの動きや速さを見極める能力(運動視能)は、球技系スポーツのスキル向上に重要な役割を果たしています。バトンの動きを見極めてキャッチするバトントワリングにおいても、運動視能が重要であると考え、現在私たちは、基礎研究を行っています。その実践応用として、本研究室所属の高見采加さんが、昨年末にバトントワリングの選手権大会に出場し、京都新聞(2021/01/09)に取り上げられました。
高見采加さんが昨年末にバトントワリングの選手権大会に出場し、京都新聞(2021/01/09)に取り上げられました。

PAGE TOP